家事をしながら、自閉息子と親介護を考えるブログ

アクセスカウンタ

zoom RSS ああ息子よ、どうしてあなたはそんなにくどいの?(戯曲風)

<<   作成日時 : 2011/05/21 23:41   >>

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

最近とみに自閉症スペクトラム息子のくどさが増してきて、その余りの粘着さに疲弊する母(ワタシ)。

毎朝、頭もクリアーにくどさ全開しまくるので、息子が登校の為に玄関を出ると、すごくぐったりとしてしまう今日この頃であった。

・・・さて今週木曜日、息子【嫌な学校授業はどうにかして逃れたい】と思ったらしく、色々いちゃもんをつけまくりだしたので、ワタシの我慢も限界になってしまった。で、とうとうブチギレタ。

【母子のクールダウンを設置】という訳で息子は一旦足立の祖父(ジイチャン宅)に行ったのだが、次の日の午前5時過ぎに急に電話が祖父からはいり、

「熱が38度以上でて、下痢になっている。」という展開になってしまった。

ジイチャン実は2月の病気入院以降、(ほんの些細な風邪になってはいけないちょっと虚弱体質)になっているので、病気の孫(息子)をそばに置いておく訳にいかず、即効オット(父)が車で迎えに行った。

帰宅したら、下痢はしていたが、あれよあれよと熱が下がって、土曜日にはほぼ平常になってしまった。で、例によって「今日の午後は暇だ〜。」と言うので、下り腹風邪が治ったばかりなのに、温水プールに父子で出かけていった。

なんなんだ、その回復ぶりは。・・・そして「水着、もうキツイから新しいのにして。」と言われた。去年より太ったからな・・・。

画像
                      上野動物園のアルパカその2


息子の幼少時、発語が遅くて不思議な行動ばかりしていた時・・・。

こちらの問いかけやおしゃべりが聞こえない感じ(馬耳東風)で、ボールを投げあいっこしようとボールを投げると、こちらには返さず、ニコニコと植木の繁みにボールを持っていくような子だった。

積み木を二人で作ろうとすると、積んだ積み木をすかさずガッシャーンとくずし、横に並べてばかりいた。

味噌汁のお椀の模様が一定でないと怒るし、コップのお茶をちょっとこぼすと怒って全部ぶちまけるし、まあ要するにえれえカンシャク持ちだった訳だが。

それでも「会話が出来るようになったら、こういう??も無くなる筈・・・。」と、とまどいながらも微かに期待をしていたんだ。

・・・で、会話が出来るようになったらなったで、今度は「何でそんなことで怒るの?」のオンパレードで・・・。

そしてまた、何か考え方が余りにも独特すぎて「え〜??どうしてそう考える?」というのが年々強くなっている。

東日本大震災後の【鉄道関係についての息子の意見】などは、息子が一々報告するから嫌でも耳に入るのだが、

例1:どうして「節電のご協力をお願いします。」を運転手が説明放送するんだ!このまま節電状態なら、自動放送でいいだろう? ボクは運転手の声が怒っている様に聞こえて嫌なんだ!

例2:どうしてKO線のダイヤで(各駅停車○○行き)が調布から(急行××行き)に変わり、更に新宿で(◇◇新線行き)に変えるんだ?

例3:どうして富士急行とJR東日本の乗り継ぎ駅の接続を色々変えるのだ?ボクはこうしてほしいのに。

・・・地震直後はもっとあれこれ言っていたが、こっちは憶える気にもならん。とういか、あまりの細かさにこちらの理性と感情が制御しなくなるのを防ぐため、敢えて(すぐ忘れる装置)をワタシの頭に入れてあるのだ。(なんちて)

例1〜例3いや、その他諸々への答えはワタシは内心こう言いたい。「そんなのどうだっていいじゃないか!」と。


またくどいのは、鉄道だけではない。ここ数日は色々な牛丼屋チェーン店の経営戦略まで色々言いまくる。

「Y野屋で110円値引きするけど、どうしてその期間他のメニューは販売中止なの?」

「M家やS家とかはトッピングを色々するけど、どうしてY野屋はやらないの?」

「オメーは、Y野屋の社長じゃないだろ!!同じ牛丼を扱っているからってそれぞれ各店違うポリシーを持って商売しているんだから、お前があれこれ口にすることないじゃろーーーが!お前何様だっつーの!」

やんわりとそう伝えているが、「でも、ボクメールでそう言いたいんだ。」とメールをだす。⇒で、難解な回答が企業側から来ると、知的に意味がわかり辛いらしく、イライラして、さらに「もっとわかり易く書いてください。」なんてループする。


※※※※※※※※※※※※※※※※※※

息子が幼少時、「しゃべるようになればきっともっと穏やかになれる・・・。」という淡い期待をもっていたまだ若い母(ワタシ)。

今現在、「しゃべるけど、どうして内容がそう偏向しているのだ? どっからそんな考えがでてくるんだ?」と何か息子の思考回路の謎に戸惑い続ける初老の母(ワタシ)。


自閉症の文筆家/東田直樹くんのブログとか本をちらりと読むが、「まあ、どうしてこう哲学的なの?この違いはなんなの?」と衝撃を受ける。

牛丼屋のM家のトッピングがどーだとか、S家の並み盛りがどーだとか、Y野屋はどうしてメニューがいつも固定しているんだとか、くどくど言う息子と比べると、もう〜(ち、違い過ぎるう〜)

また、「自閉症の我が子の会話がおもしろい。」と微笑ましく子育てをしている方もいるが、ワタシはそこまで人間ができていないのだろう。

息子が鉄道関係や牛丼屋さんにメールを出す内容をチェックしている時、微笑ましいどころか、時々顔が引きつるワイ。いやモニョるというか・・・。






テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 1
なるほど(納得、参考になった、ヘー)

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
ああ息子よ、どうしてあなたはそんなにくどいの?(戯曲風) 家事をしながら、自閉息子と親介護を考えるブログ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる